メンテナンス記録簿は主にディーラーや修理工場でのメンテナンス記録が書かれています。オイル交換等も書かれるので車の整備状況が分かる書類です。中古車査定では車の詳細なデータを確認できないので外観で分かるボディやエンジンの状態だけで判断することになりますが、メンテナンス簿があればオイル交換をどのようにしていたかも分かりますし、作業が適切に行われているかも分かるので査定時にアップすることはなくとも、ダウンはほぼ無いようです。逆にメンテナンス簿が無い場合は査定が下がることが多いようです。メンテナンスについては査定人が聞き取りも行いますがそれを裏付ける物としてメンテナンス簿があります。また、傷やヘコみを直した際にも記録簿があれば修理状況がはっきりしますので査定額のダウンが必要か判断がつきやすいようです。傷やヘコミ修理がきちんと行われている場合は事故車として扱わないことが多いのも利点です。事故車はフレーム修理まで行った場合に設定されることが多いようですが、傷やヘコみの修理が酷い場合や修理箇所はきれいだが、修理記録が無い場合には事故車扱いとなり、査定が大幅ダウンすることも珍しくないので記録簿の管理はとても重要です。