中古車査定での足回りの状態はオートバイ、自動車ともとても重要視されます。サスペンションからタイヤ・ホイールまで外観で分かることは多いようです。査定では後々の販売のことも考えて査定が行われますので、年式や車種、走行距離が特にチェックされますが、サスペンション等についても走行距離に応じてチェックが厳しくなります。サスペンションの場合は、ダンパー部分が抜けていないか、バネがヘタっていないかがチェックされます。サスペンションからのオイル漏れは中古車販売時に問題となりますし、部品交換にしても費用がとても高くかかります。そのため、査定の大幅ダウンが避けられません。ホイールについては、多少の傷は問題視されないことが多いようですが、深い傷の場合はホイールの強度を保てない事も考えられるので他のホイールが無い場合は査定が下がることが多いようです。また、問題されないことが多いですが、タイヤについても溝がほとんど無い、スノータイヤのみしかないなどの場合は査定が下がることがあります。中古車として販売する際は夏用のノーマルタイヤでの販売となり、また、ある程度の溝が残っていないタイヤでは販売できないため、代わりのタイヤが無ければ大幅ダウンとなるようです